10年間白髪染めを利用した人の素朴な疑問

白髪染めが直ぐに落ちてしまう人の対処方法

白髪染めは黒髪と白髪の両方を染めるため、どうしても色落ちが気になってしまいます。元々両方の毛を同じように染める染料はないため多少の色の違いが出てきてしまうのですが、毛の色素以外にも色が落ちてしまう原因は幾つか存在しています。日常生活のちょっとした工夫によって白髪の部分の色落ちを防ぐことができますから参考にしてみて下さい。
例えば、一度染料が髪の中に入って定着したとしても、その後なんらかの原因によってその色素が壊れることがあります。色素は紫外線やドライヤーの熱でも壊れやすく、髪へのダメージとなる行為はできるだけ避けるようにしましょう。そのほかプールで使われている塩素なども色素を壊す原因となります。これらは特に夏に影響を受けやすいため、夏はこまめに白髪染めをしなおすことをおすすめします。冬より色素の定着率が低いと思っておくと良いでしょう。
また、日々の洗髪でも染料は流れ落ちてしまいます。白髪染めをしている人は洗髪時間を長めにすると、水道水に含まれる塩素の影響を受けやすいといえます。塩素を除去するシャワー用の浄水器を利用してみたり、シャワーの使う時間を長すぎないよう気をつけるだけでも違ってきます。

参照リンク

煌髪(きらり)・・・髪を染める=髪が傷む、そう思っている人はまだまだ多いとは思いますが、その固定観念を一気に覆すのがこの煌髪ということになります。